性・風俗いろいろ事典

風俗 2021/08/13

パネルマジックという罠

風俗系のレビューや記事サイトなどを見た時、「パネマジ」という言葉を目にしたことはあるでしょう。
これは「パネルマジック」の略で、サイトなどの風俗嬢のパネル写真が、実物とは大分かけ離れるまでに加工修正されて美しくなり、その落差を実物の女の子とご対面した時に初めて気づくという、後悔や驚きの意味も込めて作り出された風俗用語です。

最近ではSNSの流行とともに、芸能人や有名人に限らず多くの一般人も自撮り写真をネット上に掲載するようになりました。それと共に画像修正アプリの利用も増え、自撮り写真のトーンを明るくしたり、輪郭を細くしたり、目を大きくしたりといった加工修正が当たり前のようにされています。
しかし風俗業界のパネルマジックはそれらの比ではありません。
その中でも、特にデリヘルのパネルマジックは酷くなりやすいです。それは何故なのか?

もちろんソープや箱ヘルなどの店内で写真を閲覧できる店舗型の風俗だとしても、その写真はある程度の修正はされているでしょう。
しかしデリヘルは店舗内で直接在籍嬢の写真を閲覧できる店舗型風俗とは違い、無店舗の派遣型風俗かつ、風俗業界の中で断トツで1番店舗数が多いため、それだけライバル店の数も、応募者の女性の数も多くなります。 そうなると全国風俗ポータルサイトでいかに店舗を発見されやすくするか、そしていかに多くの在籍嬢に仕事を斡旋できるようにするのかを考えなければなりません。
それらの行きつく先がパネルマジックなのです。

それではここからは、パネル写真のどこをチェックすればいいのかを解説します。
まず①は、言わずもがな「顔」です。特に目の大きさ、輪郭、肌つやに注目してみましょう。
ちょっと大きすぎる目や人形のようなシャープな輪郭、白くてツルツルし過ぎた肌は要注意です。

そして②体型ではどこを一番加工修正されるのかというと、ウエストやお腹まわりです。
この辺りはポーズによってもある程度までは誤魔化すこともできなくはないですが、さすがに出過ぎたお腹やシワは修正されるでしょう。
ウエストの細さはかなり重要なポイントなので、普通体型~やや痩せ型の女の子だとしても、そこからさらにクビレ加工を施すことは良くあることです。

そしてその後は、③目に留まった嬢単体だけではなく、そのお店の在籍嬢全体の画像の雰囲気を観察してみます。
何となく皆同じようなルックスや体型、いかにも加工しやすそうな空間にいたりはしていないでしょうか。
それらは加工修正のし過ぎやパターンが同じ過ぎるために、別々の在籍嬢なのにもかかわらず、皆似たり寄ったりな見た目になってしまっているのです。

それではどうすればパネルマジックの酷い嬢を避けることができるのかを解説します。
まずは①自分のやりたいプレイをよく考え、その希望プレイに当てはまるお店や嬢を探します。
そして②なるべくは画像だけではなく、動画もある女の子を選びましょう。
動画は画像に比べて格段に加工修正が難しいので、より実物の女の子に近くなるからです。
そして最後は、③あまりケチケチして格安店を選ぶのではなく、ある程度の金額のお店を選ぶようにすることです。
風俗店も金額によって、格安店<大衆店<高級店のようにランク分けがされていて、低価格になればなるほど女の子の質も、安かろう悪かろうになっていきます。

著者プロフィール

管理人(30代自営業)

ここは管理人が得たセックステクニックや風俗知識について気ままにまとめているサイトです。
記事内容はあくまでも管理人の独断と偏見によるものです。

免責事項

「性・風俗いろいろ事典」は性や風俗に関する記事サイトです。

全ての記事は個人の意見で作成しておりますので、サイト内で得た情報により発生したトラブル・損害に関しまして、「性・風俗いろいろ事典」では一切の責任は負いかねます。