リフォームを使うなら是非とも知っておきたい、便利な小技68個まとめ
*
ホーム > 健康食品 > 若くても尿酸値に注意が必要

若くても尿酸値に注意が必要

尿酸はアルカリ性の水分に溶けやすい性質をもつので、野菜、海藻類のアルカリ性食品をきちんととり、アルカリ性に尿を保つように心がけると、血中の尿酸を低く抑えることができます。

 

大きな割合で高尿酸血症や痛風の患者さんは、食事からのエネルギー量が過剰傾向にあります。

日頃の食事のカロリーやバランスを考え直して、満腹になってしまう手前で食事をすませることがポイントです。

 

 

 

痛風患者にとって軽視できないのが食品に含まれているプリン体制限ですが、そのプリン体制限は最近中心的な治療ではなくなってきているようです。特に野菜に含まれているプリン体は、その大半が体外に排出されるので、気にしすぎる必要はなくなったようです。それよりも、肥満予防を意識して、脂肪分の高い食品や食べ過ぎを控えるように注意しましょう。痛風患者さんは年を追って増えており、推計患者数は90万を超える勢いと推定されます。

 

 

 

従って血清尿酸値の値が男女とも高くなる傾向となっています。尿酸値が高い高尿酸血症となっている人は、男性の方が多く、4人に1人と言われて、今後さらに増える可能性もあります。

 

さらに痛風の発症については低年齢化していて、50代から30代での発症へと変わりつつあります。

 

 

 

ダイエットをしている時でも、肉や魚・大豆製品など良質なタンパク質をしっかり摂取できるような、必要な栄養がしっかりと含まれている食事を意識しましょう。

また食物繊維の多いキノコや野菜などの食品は糖質の吸収を抑えるなどの作用があります。さらにショウガ・とうがらし・にんにくなどは新陳代謝を促して、溜め込んでしまった脂肪の燃焼を後押しします。

脂肪肝が恐れられている点は、狭心症や心筋梗塞などの心臓病、脳梗塞などの血管系の疾病を招くことがあるからです。脂肪肝の原因として挙げられるのは、運動不足やカロリーの摂りすぎです。食べすぎや飲みすぎを繰り返し続けると肝臓にコレステロールや中性脂肪が蓄積されていきます。

 

特に30代~40代の間で脂肪肝になる人の割合が増えており、過去10年間で2倍以上の増加がみられます。

 

高尿酸血症を発症する原因は肥満と言われており体内に蓄積された脂肪に問題があります。

 

脂肪でも特に内臓脂肪が増加すると尿酸が血液に溶けきれなくなって、尿酸値が上がります。

 

 

ダイエットや脂肪燃焼することで高尿酸血症が改善されるということになります。まずは痩せるということが高尿酸血症改善への取り組みの一番に優先すべき事となります。これといった症状がでることは少なくて気付くのが難しいのです。

体がだるい・疲れやすいといった症状が現れる場合もありますが、自分で見抜くことは簡単ではありません。

心配になった時には内科のある医療機関で、健康診断などを受けると血液検査をするので、判別してもらうのは簡単です。

 

医師は血液検査の値をもとに診断してくれます。必要以上にある尿酸の排泄機能をパワフルに向上してくれる飲み物に牛乳があげられます。

 

 

牛乳の成分のひとつであるカゼインが、体内でアラニンに変わり、そのアラニンが腎臓機能を正常な状態に近づけてくれます。

 

だからといって水を意識的に飲んだとしても、多くの尿酸が出されるのとは違い、薄められただけだと言えます。尿酸値 下げる サプリ


関連記事

若くても尿酸値に注意が必要
尿酸はアルカリ性の水分に溶けやすい性質をもつので、野菜、海藻類のアルカリ性食品を...
医薬品との併用に注意
今ではテレビCM、雑誌、どこでも目にするようになった「健康食品」という文字ですが...
不規則な食生活の心強いサポート
忙しさと戦う私たち現代人の強い味方である、健康食品。 テレビ番組、雑誌などでも頻...