リフォームを使うなら是非とも知っておきたい、便利な小技68個まとめ
*
ホーム > 育児 > 離乳食後期の食べない悩みを解決する

離乳食後期の食べない悩みを解決する

今までは普通に食べてくれたのに、離乳食後期になったら食べなくなってしまった、という悩みを抱えているお母さんはたくさんいます。

 

離乳食後期では、離乳食から栄養を摂らなくてはいけないので、食べないと心配になってしまうのは当然ですね。

 

でも、赤ちゃんにとって、食事も遊びの一つのようなものです。ですから、離乳食に関しての興味が薄れたり、飽きてしまったりすることもあるのです。

 

特に、離乳食後期になれば、赤ちゃんも成長しているので、自分で食べたい食べたくないを決めます。そのため、離乳食を食べなくなってしまうのですね。

 

他にも、お腹が空かない、遊びたい、食べ物の味や硬さが苦手など、食べない理由はいろいろあります。

 

そんな時の対処法は、まずお腹を空かせることです。お腹が空けば、赤ちゃんも人間ですから何かを食べたくなります。

 

離乳食を食べないと、ついミルクを多めにあげたり、赤ちゃん用のお菓子をあげてしまったりします。そこをグッと我慢して、離乳食の時間までは何もあげない、しっかり体を動かすということを意識しましょう。

 

また、赤ちゃんの好みを知ることも大切です。苦手そうな味や食材は控えて、好物を1品加えるようにすると、また食べてくれるようになります。

 

ただし、あまり神経質になる必要はありません。食べないことも、意思表示が出来る成長の一つぐらいに捉えましょう。

 

いらいらしたり不安になっていると、食事の時間が楽しくなくなって、余計に離乳食を嫌がってしまいます。

 

まずは、自分が食べることを楽しんで見せてあげることが、赤ちゃんの食欲にもつながるのです。子供用 青汁 おすすめ

 


関連記事

離乳食後期の食べない悩みを解決する
今までは普通に食べてくれたのに、離乳食後期になったら食べなくなってしまった、とい...
赤ちゃんのアレルギーは本当の原因を知って治す!
  赤ちゃんにアレルギーがあると、親としては赤ちゃんが不憫でつらいです...