リフォームを使うなら是非とも知っておきたい、便利な小技68個まとめ
*
ホーム > 認知症 > 認知症の症例と問題

認知症の症例と問題

認知症は脳の機能が低下することにより、不可逆的に知能が衰える状況を指します。原因としては、年齢や遺伝、薬害など様々な要因が挙げられます。近年では難聴との関連が明らかになっており、難聴を有する人は難聴を有しない人に比べて、認知症を発症するリスクが高く、さらに難聴が重度であるほどそのリスクも上昇します。認知症予防の大切なポイント うつ病、せん妄と病状が似ている場合があるので、きちんとした検査を受けることが必要です。検査においては、神経心理学的検査を行ったり、病状の重度を判別するための尺度をはかります。他にも生化学的な検査や脳波を見ることで詳細な状況を確かめます。治療が可能とされている種類の病状のみ治療法が存在します。一般的な認知症における治療は現在では存在していないです。ある程度効果のある治療法としては、思い出の品や写真などの本人にとって馴染みのある物を手元に置くことで回想させる方法や、薬物療法などがあります。薬物療法は副作用が強い場合が多く、使用には注意が必要です。認知症は社会的な問題を引き起こすことでも知られています。具体的には、介護の問題や車の運転に関する問題、認知症患者に対する詐欺等の犯罪に関する問題などです。