リフォームを使うなら是非とも知っておきたい、便利な小技68個まとめ
*
ホーム > 相続 > 遺産分割の話し合いがまとまらないときは?

遺産分割の話し合いがまとまらないときは?

遺産分割の話し合いがまとまらない時は、家庭裁判所に遺産分割の申立てをすることも出来ます。数次相続の遺産分割協議書の書式と解説

 

家庭裁判所ではまずは調停が行なわれ、当事者間の話し合いによる解決がはかられます。

 

この調停は,相続人のうちの1人もしくは何人かが他の相続人全員を相手方として申し立てるものです。遺産分割に合意しない相続人が住む地域を管轄する家庭裁判所に、遺産目録や被相続人の戸籍謄本を添えて行ないます。

 

調停手続では、当事者双方から事情を聴いたり、必要に応じて資料等を提出してもらったり、遺産について鑑定を行うなどして事情をよく把握したうえで、各当事者がそれぞれどのような分割方法を希望しているか意向を聞き取り、解決案を提示したり、解決のために必要な助言をし、合意を目指して話合いが進められます。

 

調停で意見が一致しない時は審判による分割となり、法定相続に従って強制的に分割がなされます。